★いつも読んで下さる方、コメントして下さる方、ランキングボタンを押して下さる方。とても励みになっています。本当にありがとうございます!★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まだ居てくれた
勤務でしたが、早番だったので定時ピッタリにタイムカードを押して、ダッシュで昨日の白鳥ポイントに行ってきました。

日が沈む
立冬を過ぎて、さらに日が落ちるのが早くなりました。
既に16:20...時間はあまりありません。


コハクチョウ
昨日と同じところに居てくれました。
白いボディが夕日に染まります。

コハクチョウと
コハクチョウの手前をキンクロハジロ達が通過。
白鳥はいいのですが、単体で撮ってばかりでは写真として面白くないので、脇役になってもらいました。
とは言え、でかいので存在感はたっぷり。(^^)


コハクチョウと
真の狙いは、スローシャッターでの飛翔...
カワウが付近を飛んだので練習です。追尾は微妙ですが、白鳥がバックに入ったので恥知らずにもアップ。
ちなみにシャッター速度は1/20秒(手持ち)です。
しかし、カワウはスローな世界にはいまいちな鳥ですね。(^^;)


コハクチョウ...
17:30 日も沈み、タイムリミット。
名残惜しいですが、いつまでも遊んでいられません。主夫に戻る時間です。


追記
昨日の記事は土曜日。
今日の記事は日曜日のことです。
今日(月曜日)は、まだ居たんだろうか?

☆ 気になる気になる ☆
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

【2011/11/14 23:59】 | 鳥撮り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2年 | ホーム | 白鳥飛来!>>
コメント
おはようございます。
sugitetuさんは遊び相手がたくさんいて、いいですね。
陰陽師は必死で探しても、良い相手がなかなか見つかりません。(つд`)
スローシャッターは試みたいものの、他のチャンスを逃がしそうで、SS設定をなかなか変更できずにいます。(´ー`)
【2011/11/15 07:06】 URL | 陰陽師 #-[ 編集] | page top↑
白鳥は一羽くらいがいいかもしれませんね。

2万羽もいたら・・・^^;
【2011/11/15 19:58】 URL | まんがいんく #-[ 編集] | page top↑
1枚目のうろこ雲とススキと夕日と筒とカメラのシルエット、めちゃめちゃカッコイイんですけど。

カメラの上に載っているのはスポットファインダーですか?  鳥撮りの場合はパッと動かして確実に入れる必要があるからですか?
カメラファインダーやライブビューでは拡大率が大き杉ますね。
【2011/11/16 12:43】 URL | にしん目かたくちいわし #-[ 編集] | page top↑
陰陽師さん コメントありがとうございます!
私も鳥撮り始めた頃はサギとウミネコとカモばかり撮ってました。
出かけるフィールドはあまり変わってないし、以前も今と同じように鳥は居たと思いますが、見つけられなかったんでしょう。
ここは、やはり経験でしょうね。いろんなブログを見たりすると、淀川や大阪城公園なんかでも、結構撮っていたりされるので、そのうち、そこかしこでいろんな鳥が見つけられるようになると思いますよ。(^^)
あ、関係ないですけど、ワタクシ20代の頃、東淀川区と吹田に5年程住んでいたことがあります。


まんがいんくさん コメントありがとうございます!
>2万羽もいたら・・・
2万羽もいたら・・・ウレシイに決まってますね!!(ノ゚∀゚)ノヒャッホウ!!


にしん目かたくちいわしさん コメントありがとうございます!
>めちゃめちゃカッコイイんですけど
うぇへへへ、ありがとうございます。(^^)
この筒はBORG77EDⅡです。
かたくちさん(失礼!HN長いので短縮させて下さい)の例の“深宇宙(ディープ・スカイ)を狙え!”の写真程じゃありませんよぉ(笑)
照準器は鳥撮りには必須ですね。理由はおっしゃるとおりです。鳥はじっとしてくれませんので...(^^;)
【2011/11/16 23:20】 URL | sugitetu #yQcDetO.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/tb.php/512-4a52da06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。