★いつも読んで下さる方、コメントして下さる方、ランキングボタンを押して下さる方。とても励みになっています。本当にありがとうございます!★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
星団
星雲、特にHα領域の赤い星雲は肉眼では ほとんど見ることが出来ず、普通のカメラに写す事も困難ですが、星空の魅力はそう言った星雲だけにはとどまりません。

NGC869 & NGC884
ペルセウス座 二重星団 NGC869 & NGC884

画面中央右寄りにある、二つの星の塊が有名なペルセウス座の二重星団。
双眼鏡や望遠鏡で見れば美しい星のきらめきが肉眼で見えます。
画面左下の赤い広がりは星雲ではなく薄雲ですね。


M35
ふたご座 散開星団 M35

ふたご座の、カストルの足元に位置する満月ほどの大きさの散開星団。
もう少し露出時間をのばして、もっと微光星を写したいところです。


M45
おうし座 散開星団 M45

言わずと知れた超有名天体プレアデス星団。和名は“すばる”
青い星雲ガスをまとって、とても美しい。
肉眼でもしっかり見えますが、星雲ガスは無理ですね。でもこの星雲ガスはHαじゃないので無改造のデジカメでも写すことが出来ます。

[ BORG60ED + GP2ガイドパック + EOS Kiss X2 DRS-SP ]
今回は、いつもの焦点短縮したBORG60EDで広がりのある画角(ちとトリミングしてますが)ですが、星団は密集した感じを出したいので、次回撮るときはACクローズアップレンズNo3を外して、もう少し狭い画角で撮ってみたいですね。

☆ ノータッチガイドでどこまでいけるかな ☆
スポンサーサイト

テーマ:星景・星野 - ジャンル:写真

【2011/10/30 23:59】 | 星野写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<紅葉の三段峡 | ホーム | オリオン座>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sugitetu2.blog11.fc2.com/tb.php/503-dbdcad4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。