★いつも読んで下さる方、コメントして下さる方、ランキングボタンを押して下さる方。とても励みになっています。本当にありがとうございます!★
BORG77EDⅡ
さて、昨日UPしたものの続きです。

オリオン大星雲
オリオン大星雲(M42)
無茶を承知でGP2ガイドパックにBORG77EDⅡを載せて撮影を敢行しました。
iso1600 SS:30秒×2枚とiso3200 SS:30秒×2枚をコンポジット
20枚撮りましたが、まともなものは4枚だけで、その4枚でのコンポジットです。

しかし、さすがに天体望遠鏡。写りが違います!
かなり苦労しましたが、これまで撮った中ではもっとも満足できるものになりました。
ただ、PCでの画像処理も、もっと勉強せんとダメですね。

GP2ガイドパック + BORG77EDⅡ
GP2ガイドパックにBORG77EDⅡ搭載の図
かなりの無茶である事を実感。GP2ガイドパックは赤道儀とは言え、せいぜい広角から中望遠での星野写真撮影を目的とした“ポータブル赤道儀”ですので、メーカーも200mm以上の長焦点レンズの使用を想定していません。
ましてや焦点距離500mmを超える様な天体望遠鏡を載せて撮影した作例も見つからず、本来の使い方ではない事も承知していますが、あまり機材にお金をかけられない身ですので、手元にある機材を最大限活用する事にします。


アンドロメダ銀河
アンドロメダ銀河(M31)

馬頭星雲
馬頭星雲(IC434)と八つ裂き星雲(NGC2024)

[ BORG77EDⅡ + PENTAX K-x + GP2ガイドパック]

この2枚もBORG77EDⅡで撮ったものですが、M42ほど明るくないので2分以上の露出で撮っています。
さすがに、この露出時間では、いくら極軸を合わせても、まともには撮れませんでしたので、大きな画像は出せません。(苦笑)
まともに撮れない原因としては、(無茶な組み合わせは別にしても)当日撮影場所では結構な寒風が吹いていて、レンズの結露があった事と、長いBORG77EDⅡをカメラ用の雲台で固定している為、風によるブレも影響している事が考えられます。
次回はこの2点の対策を考えてリベンジしたいですね。

☆ ああ、予想通り機材に物足りなさを感じてきてる...踏みとどまらなければヤバイ... ☆

↑ランキング投票ボタン↑
更新の励みになりますので、よろしければ一日一回ランキング投票ボタンのクリックをお願い致します!
スポンサーサイト



テーマ:月と星の写真 - ジャンル:写真

【2010/10/18 23:59】 | 星野写真 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
| ホーム |